NoImage

小型家電リサイクル法

使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律


使用済みになった家電のリサイクルは、これまでテレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機といった家電4品目について「家電リサイクル法」に基づいて進められてきました。
これらに加えて、携帯電話やデジタルカメラ、ゲーム機などこれまでの法律で対象となっていなかった100品目以上の家電のリサイクルを進めていくための法律「小型家電リサイクル法(正式名称 使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)」が平成25年4月1日より施行されました。

ミナミ金属は、この小型家電リサイクル法における、再生事業を行う国の認定事業者となりました。

対応エリア


大臣認定を取得したエリアは、東京都、神奈川県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、岩手県、宮城県、山形県、福島県の16都府県となり、広範囲のエリアに対応致します。各地域から回収された小型家電は、エリア内の7拠点の指定工場に持込まれ、低環境負荷型のリサイクルが行われます。


様々な回収対応


各地域の自治体様においては、ステーション回収、BOX回収など、様々な方法での小型家電回収を行っている現状です。
ミナミ金属では、クリーンBOXの貸出し、施錠型クリーンBOXの貸出し、携帯電話のBOX回収、クリーンセンターの定期回収など、さまざまな回収形態に対応致します。