2019年11月25日

ビジネスソリューションフェア

来る2020年、企業に訪れる多くの課題を解決する方法を紹介する、大塚商会主催の「ビジネスソリューションフェア」に参加させて頂きました。
「Windows 7 サポート終了」「オリンピックによるサイバー攻撃増加」「政府によるBCPの策定推進」「水銀灯や蛍光灯器具の生産終了」という様々な課題の解決となる、最新の技術やセキュリティ対策の紹介などをして頂きました。

最新の複合機や技術、翻訳機などを拝見し、これらの有効活用で働き方が変わることや、複合機においては、かつて「コピー機」と呼ばれ、紙を出力する機械でしたが、現在では紙を電子化するための「入力機器」となっていると分かりました。

セミナーでは、RPAについてQ&Aワークス株式会社様のお話を拝聴し、RPAとは、「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念であり、「デジタルレイバー」とも呼ばれていることがわかりました。
オートメーション化のメリット、デメリットを考慮しながら将来の参考にしていければと、今回を機に学ぶことができました。